スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までの経緯

根津の古民家を購入したのは半年前、2009年の7月末でした。
P7280027_convert_20100126044133.jpg

始まりかけた夏、全ての時間と力をこの古民家再生につぎ込もうと意気揚々としていました。
今後起こる様々な出来事なんて、想像もできず、、、

同年8月、毎日一人でせっせと家内を整理、腐った畳や壁の処分を行う日々。
9月頭、これではいくらたっても終わらないと、友人たちに頼んで8人で大回収作業。
とにかく大掛かりな改修作業、普段日曜大工程度しか経験のない私にはとてもエキサイティングな一日でした。
大解体17
大解体6
大解体12
100年間、つもりに積もったホコリで建物の中は濃霧の様。
大解体19
大解体4
この辺りは散策路、国内外の様々な人達がものめずらしそうに中を覗いていきます。
建物内に残されていた和食器の貰い手を捜すためにおもてに出したら、早速物色する人達が集まりました。
大解体5
土壁に使われていた新聞は明治時代のものや、戦前日本が軍事に傾き始めた頃のものなど、まるで博物館。
2009092213420002.jpg
持つとぼろぼろ崩れるので暗いところで撮影したためかなり見づらいですが、大正13年11月5日と書かれています。
2009092213420001.jpg

途中、天井から突然斧が落ちてきたり、ネズミのミイラが落ちてきたり、不発弾が見つかったりと色々ありましたが、この大改修のおかげで、自分たち素人だけでできる範囲のことは大概やりつくし、あとは大工さんの着工を待つばかり。
荳咲匱蠑セ・胆convert_20100126052103


谷根千という地域はご年配の方々が多く住まわれている地域。
“ゲストハウス”、その聞きなれない響きから、私のような若輩者が突然やってきたこと、また私の至らぬ点もあり、町内会の方々が不信感をもたれ、公民館で町内会への説明会を開くことになりました。
はじめはなかなかお話もできないような状況でしたが、説明会を繰り返すこと3ヶ月、最後には多くの方々から「がんばってね」と言っていただけるようになりました。
元々地域説明会を開く義務のない業種なのですが、地域に根付いた商売をしたいという信念から我慢強く開いてきた説明会。
「がんばってね」の一言を聞いた時はとても「ああ、やっぱり説明会を開いて良かった」と思いました。
その間陰で支えてきてくれた町内の応援者の方々には感謝の言葉もありません。

そんなこんなで工事が遅れていましたが、2週間前(2010,1,12)にようやく工事再開。
大工さんの指示を受けて私も作業しながら修復の勉強。
まず初日は仮の筋交い打ちで強度を確保。
館内を筋交いだらけにしました。
P1110013_convert_20100126051150.jpg
P1110018_convert_20100126051350.jpg

その次は床を引っぺがし、本当の筋交いを入れていきます。
P1110045_convert_20100126051807.jpg
P1110047_convert_20100126051904.jpg


言い忘れていましたが、この建物は6間長屋の内半分、元味噌屋さんと床屋さんだったところです。
補強だけに目を向けず、元の持ち味を生かした地元の人達がいつまでも懐かしんでくれるような建物にしていきます。
P1110055_convert_20100126052435.jpg
P1110052_convert_20100126053255.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

じゃーす

Author:じゃーす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。