スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバター in 浅草

最近ついにゲストハウスをオープン!
忙しさにかまけてブログ更新をさぼっておりましたが、創作活動は相変わらず淡々と行っています。

先日、ゲストハウスの表一面を飾るカーテンを、藍染めで作りました。
作業場は浅草ゲストハウスの屋上。
ブログ5梅雨の晴れ間を狙ったら、異常に晴れて暑かったので、まずは行水。
ブログ2これから何時間かかるか分からない作業、
ブログ3まずはテンションを上げます。

ブログ4これが藍の濃縮液
ブログ1藍の花(アルカリ性から酸素に触れて酸性になって固化した藍が浮いてくる現象)がぷくぷく言ってます
ブログ6200リットルタンクに80リットルほど水を溜め、塩化カリウムをいれて強アルカリ(おおよそ12ph)にし、
ブログ7ハイドロサルファイト(還元剤)も混ぜます。
ブログ8強アルカリの水に先ほどのバケツの藍の濃縮液を混ぜます。
ブログ9
ブログ10
ブログ11この辺からは同じような画像が続くのでサムネイルにします
ブログ12布を浸けて5分ほど揉んでいきます。
ブログ13布にまんべんなく藍がしみたら液から出して空気に触れさせ酸化させます。
ブログ14液から出すのは“乾かす”ためではなく、“酸化させる”ため。
ブログ15無論乾いた方が次に漬け込むときに吸い込みがよくなってより濃く染まってくれるでしょうが、主目的は酸化です。
ブログ16ついでにTシャツも染めるITOさん。
ブログ17空気に触れているところと触れていないところでは酸化の度合いが異なってしまうので、
ブログ19むらができないよう丁寧に広げたり
ブログ18こまめに動かしてやります。
ブログ20後は永遠同じ作業の繰り返し。
ブログ215回染めしたのですが、量が量(布27m)だったので、結構時間がかかりました。
ブログ22ロウケツ染でカーテンの柄を描いたので、完成した時の柄の出方が楽しみです。
ブログ23林家ペーさん並みに画像を撮りまくってくれている沖縄のTシャツデザイナーtomo.さん。
ブログ24彼が持ってきたTシャツで“怨念T”を作成中。
ブログ25藍染の会社で聞いたところ、「藍は手が荒れるけれど職人さんになるといちいちグローブなんて付けてられないから素手で染めてる」とのこと。
ブログ26なんでも形は重要だと思うので、僕も素手で作業していたら
ブログ28どんどん染まってデスラーかアバターの様になりました。
ブログ29爪のたんぱく質が藍で染まってマニキュアみたい。こうなるともう絶対に取れないそうです。

ちなみにこの後藍染液のアルカリ性で手が皮膚の内側から焼けただれ、4日ほど物が持てないほど焼けてしまいました。
塩化カリウムが多すぎたのかな、、、
アバターになろうと全身藍染液に浸かろうとも思ったのですが、浸からなくってよかったよかった

ブログ27数時間かけてじわじわ手が焼け始めながらも作業は続き
ブログ31手の症状と反比例するように
ブログ32布は奇麗に染まっていきます。
ブログ35計5回染め、軽く乾かしている間に
ブログ33ヌメヌメ取れない染液を洗い
ブログ34遅い昼食。

この後、食用酢で酸性水を作り、布を浸けて中和させます。
そしてロウケツのロウを溶かし取るため、お湯につけてもみ洗いし、ロウがしっかり取れたら乾かして終了。

次回は完成したカーテンをゲストハウスにかけた画像を載せます。
スポンサーサイト
プロフィール

じゃーす

Author:じゃーす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。