スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフ(フリアコ)募集 Free Accomodation Staff

正面夏
この度Old Town House根津ではフリーアコモデーションで掃除スタッフを募集いたします。
山の手の内側に残る古い街並み谷根千に無料で住み、国内外の様々な人達と一緒に生活しませんか?

ナルさん
10月中下旬より始められ、1日2時間週5日掃除していただける方を募集しております。
掃除の2時間以外は自由に使えるのでお仕事をしたり学校へ通うこともできます。
完全フレックスなので空いている時間に掃除をすれば負担にもならず、時間を有効に使えます。
まじめに掃除をしてくださる方、きれい好きな方、国内外の人との交流を希望する方、日本の古い物が好きな方、いずれも歓迎です。
Old Town House根津は広い作業スペースもあるので、物作りが好きな人も大歓迎です。
なお、挨拶ができない、自分から名前も名乗れないなど、非常識な方はご遠慮ください。

目標を持って住んでいただければ、きっと有意義な生活を送っていただけると思います。
英語はしゃべれなくとも大丈夫。
やる気があればネイティブから言語を学ぶこともできますよ。

P8280047小
P8280078小
スタッフはオーナーがたまに作るケーキを優先的に食べられます♪
ご興味のある方はお気軽にメールにてお問い合わせください。

春にする事・・・夏の準備

春がやってきました!
色々ある1年になりますが、なるだけ楽しんで乗り越えていければと思います。

P4070023小
P4070016小
昨年植えた藤の苗は半年で2階の屋根まで伸び、今年は根元からさらに3本の芽が出てきました。
今年は屋根を覆って緑のカーテンで夏の日差しを遮ってくれないかと期待しています。

P4070017小
これはディル、マヨネーズと合わせるととても美味しいソースになるハーブです。
なかなか発芽しなかったのですが、ようやく起きてきました。

P4130004小
P4130009小
そして今年はしだれ桜を2本植えました。
桜は枝切りも植えかえも一番寒い時期に行うので、この苗達も2月に届いたものなんですが、その時は見た目ただの木の棒でした。
土に刺さった木の棒にしか見えないものに日々水をやっていたのですが、ここ数日の陽気で一気に葉がでてしかも早速花まで咲かせてくれました!
桜は成長が早いと聞きます。
お菓子屋さんをオープンする頃には可愛い小木に育ってくれているといいなー。

今年の夏は計画停電があろうとなかろうと、個々人が電力消費を抑えることが大切だと思います。
現在文京区役所17階ではゴーヤの種が無料配布中!
私は先週ゴーヤの種を買ってしまいタイミングが合いませんでしたが、夏に向けて藤、ゴーヤ、瓢箪の3種の緑のカーテンで夏の日差しをカットします。
ゴーヤは初めて育てますが、webで見る限りすごく成長するみたい。
夏の節電対策を考えている方はゴーヤの緑のカーテンがかなりお勧めです♪

テーマ : 不動産物件情報
ジャンル : 地域情報

アバター in 浅草

最近ついにゲストハウスをオープン!
忙しさにかまけてブログ更新をさぼっておりましたが、創作活動は相変わらず淡々と行っています。

先日、ゲストハウスの表一面を飾るカーテンを、藍染めで作りました。
作業場は浅草ゲストハウスの屋上。
ブログ5梅雨の晴れ間を狙ったら、異常に晴れて暑かったので、まずは行水。
ブログ2これから何時間かかるか分からない作業、
ブログ3まずはテンションを上げます。

ブログ4これが藍の濃縮液
ブログ1藍の花(アルカリ性から酸素に触れて酸性になって固化した藍が浮いてくる現象)がぷくぷく言ってます
ブログ6200リットルタンクに80リットルほど水を溜め、塩化カリウムをいれて強アルカリ(おおよそ12ph)にし、
ブログ7ハイドロサルファイト(還元剤)も混ぜます。
ブログ8強アルカリの水に先ほどのバケツの藍の濃縮液を混ぜます。
ブログ9
ブログ10
ブログ11この辺からは同じような画像が続くのでサムネイルにします
ブログ12布を浸けて5分ほど揉んでいきます。
ブログ13布にまんべんなく藍がしみたら液から出して空気に触れさせ酸化させます。
ブログ14液から出すのは“乾かす”ためではなく、“酸化させる”ため。
ブログ15無論乾いた方が次に漬け込むときに吸い込みがよくなってより濃く染まってくれるでしょうが、主目的は酸化です。
ブログ16ついでにTシャツも染めるITOさん。
ブログ17空気に触れているところと触れていないところでは酸化の度合いが異なってしまうので、
ブログ19むらができないよう丁寧に広げたり
ブログ18こまめに動かしてやります。
ブログ20後は永遠同じ作業の繰り返し。
ブログ215回染めしたのですが、量が量(布27m)だったので、結構時間がかかりました。
ブログ22ロウケツ染でカーテンの柄を描いたので、完成した時の柄の出方が楽しみです。
ブログ23林家ペーさん並みに画像を撮りまくってくれている沖縄のTシャツデザイナーtomo.さん。
ブログ24彼が持ってきたTシャツで“怨念T”を作成中。
ブログ25藍染の会社で聞いたところ、「藍は手が荒れるけれど職人さんになるといちいちグローブなんて付けてられないから素手で染めてる」とのこと。
ブログ26なんでも形は重要だと思うので、僕も素手で作業していたら
ブログ28どんどん染まってデスラーかアバターの様になりました。
ブログ29爪のたんぱく質が藍で染まってマニキュアみたい。こうなるともう絶対に取れないそうです。

ちなみにこの後藍染液のアルカリ性で手が皮膚の内側から焼けただれ、4日ほど物が持てないほど焼けてしまいました。
塩化カリウムが多すぎたのかな、、、
アバターになろうと全身藍染液に浸かろうとも思ったのですが、浸からなくってよかったよかった

ブログ27数時間かけてじわじわ手が焼け始めながらも作業は続き
ブログ31手の症状と反比例するように
ブログ32布は奇麗に染まっていきます。
ブログ35計5回染め、軽く乾かしている間に
ブログ33ヌメヌメ取れない染液を洗い
ブログ34遅い昼食。

この後、食用酢で酸性水を作り、布を浸けて中和させます。
そしてロウケツのロウを溶かし取るため、お湯につけてもみ洗いし、ロウがしっかり取れたら乾かして終了。

次回は完成したカーテンをゲストハウスにかけた画像を載せます。

土間作り と 窓枠完成!

P5100072.jpg今回はついに土間を作りました。
P5100076.jpg作ったといっても生コン車を呼んで、左官屋さんにしてもらったので、私は何もしていません。
P5100078.jpg前々回、床下収納を作ったときに練ったコンクリが1立米(㎡)
P5100074.jpg1立米でも普通手練りはしないそうですが、今回は4立米。
P5100079.jpg体力云々を抜きにしても、コンクリの凝固時間を考えると手練りは不可能です
P5100080.jpgネコ(一輪車)に生コンをつめ、
P5100081.jpg運ぶだけ
P5100083.jpg後は左官屋さんの腕の見せ所
P5100082.jpgこの家でお世話になっている左官屋さん
P5100084.jpg話せばとても優しいけれど、見た目がめちゃくちゃ怖い江戸っ子で
P5100085.jpg若い頃シンナーばかり吸っていたので
P5100086.jpg今、歯がほとんどありません。
P5100087.jpg機械練のコンクリは手練の何倍も練られているので粘り気が違いかなり滑らか。
P5100089.jpgネコで運んできた生コンをカッパギみたいなので均していきます。
P5100099.jpg普通、カッパギで均すのが一人
P5100101.jpgこてで均すのが一人
P5100105.jpg最低二人でやっていく作業なのですが
P5100106.jpgこの左官屋さんは全て一人でやっていきます。
P5100107.jpg毎週金曜土曜は
P5100108.jpg錦糸町でロシア人女性を口説いている
P5100109.jpg白人好きな左官屋さん。
P5100110.jpg以前私と一緒にコンクリを手練してくれましたが、
P5100111.jpgはんぱない怪力の持ち主です。
P5100112.jpgコンクリがどんどん硬くなってくるので
P5100114.jpg均すための力もかなりかかりますが
P5100115.jpg自分が如何にロシア人女性が好きかを
P5100116.jpg力説し続けてくれます
P5100117.jpg無駄口をたたけるだけあって
P5100118.jpg腕はたいしたもの!
P5100119.jpgこんなにフラット、輝かんばかりの土間床になりました!!


そしてこれらがついに完成した窓です!
P5090063.jpgはまっているガラスは2mm厚の型ガラス
P5090065.jpg現在国内生産されている2mm厚ガラスは、透明、消し(スリ)、梨地、の3種
P5090066.jpg今回はその3種を除いた30年以上前に生産中止されたビンテージの型ガラスのみを使用。
P5090067.jpg特にビンテージだから、というこだわりはありませんが
P5090068.jpg現在製造されているガラスに綺麗なものがなかったので、結果全てビンテージになりました。
P5090069.jpg北は岩手、西は奈良までのガラス屋さんを片っ端から当ってかき集めたガラス達。
P5090070.jpg特に奈良の硝子屋さん(タツミ硝子さん)には今まで見たことのない型ガラスが多数残っており、とても安価に譲ってくださいました。
P5090061.jpgタツミ硝子さん、ありがとうございました!
P5090071.jpg柄とりどりの型ガラス、2mm厚ガラス独特のはかない華奢な質感が木立ての木枠にとても合います。
P5170129.jpg薄いだけあって光の通り方もとても綺麗
P5130125.jpgこの絵の入ったガラスはミクシィで知り合った方が無償で下さったものです。ありがとうございました!
P5170127.jpgこれ以外にも綺麗な柄があるのですが、その絵が最大限に活かせる窓枠がないので次回のために大事に保存します。
P5170128.jpg建具屋さんが「自分の子どもの様」と言ったほど丹精込めて作ってくださった窓!
P5130120.jpg末永く、館内に良い光を取り込んでくれていくでしょう。


現在、造作が全て終わり大工さんは引き上げました。
今は塗装やキッチン設備、水道やトイレの設置など、自分でできる軽度な作業をしています。
軽度といってもやはりあまりなれていない作業、実際にやってみてうまく行かないこともよくあり、また助けてくれる人がいるわけではないのでそれなりに手間取っていますが、作業開始ごろの苦労に比べれば屁の河童
ゲストハウスオープンまであと一息です!

世界一かっこ良い

●型ガラスの窓
前回岩手から持ち帰ってきた建具、ガラスをはめたらこんな感じになりました。
P5050045.jpg使われているガラスは2mm厚、一番薄いガラスなので光の通りが非常によく、型ガラスで乱反射した光がとても綺麗です。
P5050044.jpg2mm厚の型ガラスは梨地以外全て30年以上前に製造中止されています。
P5050043.jpgなので、今回使ったガラスは全てビンテージ、これらの窓は北は岩手、西は奈良までガラス屋さんを片っ端から当ってかき集めた貴重なガラスだけで作っています。
P5050033.jpg内側から見るとこんな感じになります。
まだ全ての窓にガラスをはめ終わっていませんが、はめ終わり次第また画像をupします。


●珪藻土の壁作り
P5050051.jpg画像中央、白い部分の壁を作りました。
P5050053.jpg木枠を梁と柱の間に打ち、石膏ボードを格子に合わせてカット、ボード用ビスで固定します。その上に珪藻土を塗り、完成。
珪藻土は消臭炭の約1000倍の気泡を持ち消臭効果が非常に優れており、湿気もかなり吸ってくれます。
去年、実際八王子にある珪藻土を塗っている施工屋さん社長のお宅を訪問したのですが、室内犬がいることが分からない、家主がヘビースモーカーなのにタバコの匂いが一切しないなど、その消臭効果のすばらしさは確認済み。
これはすばらしいと、早速取り入れました。
共同生活で困ることの一つが体臭。
色んな人たちが1つの家をシェアするとどうしても体臭が気になってしまうことがありますが、この珪藻土の壁さえあれば問題無です。
また、気をつけなければならないのが最近発覚した珪藻土の発がん性ですが、
珪藻土を加熱処理したときに出る物質に発がん性はありますが、今回使用した珪藻土は非加熱なので人畜無害です。
凝固材に使った糊も自然の海草糊、厚塗りの強度を上げるためにワラをまぜるなど、自然の材料に徹底しています。
珪藻土の給湿性のおかげで寝室の湿度の上下は外に比べて非常に緩やか、肌にもとても優しい環境です。
P5050054.jpgこの梁にはシーリングファンを設置して館内の空気を循環させクーラーに頼り過ぎない環境を作り、
P5050047.jpgまた、対流の効果で天井の隙間にホコリがたまるのを防ぐ予定です。


●絵
現在、友人知人に頼んで館内に2枚の絵を作成中。
P5050048.jpgこれは女性専用ドミトリーの壁画です。
「竹久夢二が銭湯に描く絵」という僕の希望に完璧に答えてくれています。
特に水面がたまらなく綺麗。
この絵はまだ作成中ですが、日々厚みを増して良い絵になっていくのを見るのが僕の楽しい日課になっています。


●ライブペイント(2枚目の絵)
P5050059.jpg
1Fリビングの絵を浅ゲス(http://www2.tbb.t-com.ne.jp/asakusagh/index.html)の住民(Tシャツデザイナー)に描いてもらっています。
P5050057.jpg
畳3畳強のとても大きな絵で、道行く人たちが除いて人だかりになるので、玄関側の壁を取り払って公開ライブペイントにしました。
P5050058.jpg
P5050032.jpg僕が大好きな龍をでかでかと描いてもらっています。
P5050031.jpg僕は絵はまったくの素人ですが、
P5050030.jpg出来上がった絵を見るより
P5050029.jpg絵ができていく過程を見るほうがより楽しいと感じます。
P5050028.jpg
P5050027.jpg
道行く人たちが楽しめ、描く方は自分の良いPRの場となり、オーナーの僕はゲストハウスに良い絵ができる、理想的なwin-winな環境ができました。
P5040018.jpg
P5040012.jpg
P5040009.jpg
P5040007.jpg
P5040006.jpg
P5040005.jpg
P5040004.jpg今回とても良い感触がつかめたので、このライブ形式を今後さらに発展させていこうと思います。

P5050034.jpg最近すっかり暖かくなり、眠くて仕方がない・・・
P5050039.jpg大工さんが「こんなの必要ない」と渋っているのに無理を言って作ってもらったものすごく大きなベランダでぐっすり昼寝。


P5040024.jpg完成まであと一息。
最後まで突っ走って世界一かっこ良いゲストハウスを作ります!
プロフィール

じゃーす

Author:じゃーす
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。